So-net無料ブログ作成

浄土寺 [仏像]

今日は三木の方に買い物に行ったので、近くにある「浄土寺」に寄ってきました^^

002.jpg

奈良国立博物館の仏像館に行った時に、ここから寄託されている「木造阿弥陀如来立像」を見て、
いつか寺の方も行きたいなぁ・・・って思ってたんです^^

003.jpg

手前に見えてるのが国宝の「浄土堂」ですね。
この中に、これまた国宝の快慶作「木造阿弥陀如来及び両脇侍立像」が安置されてます^^

013.jpg

浄土堂は大仏様という様式で造られているらしいのですが、この様式で現存するのは東大寺の南大門とここだけらしいです。
昭和32年に解体修理されたみたいなのですが、それまで770年間は一度も解体修理をやってないらしいですね。
それだけ持つって、スゴイですね(^^;

堂内の床板は、ほとんど改修後に貼り替えられた物ですが、一部創建当時の床板が残ってました。
貼り替えられた板の方は少し縮んじゃってるので、隙間風が吹き込んできてかなり冷たいです(実際、堂内の温度は気温0度でした^^;)。
でも、創建当時の板の上に乗ると、すごくホッとします^^
隙間が無いのもあるんですが、なんか暖かいんです。
昔の人の技術の凄さを、改めて感じました♪

014.jpg

お中に安置してある「木造阿弥陀如来及び両脇侍立像」というのは、こんな感じです。
堂内は撮影禁止なので、無料パンフレットに載ってある写真を撮りました。

この仏像は、夏場の夕方に拝観するのが一番綺麗(丁度真後ろから西日が入って、後光の様に見える)だと有名なんですが、冬場の朝方も綺麗ですよとお寺の方に教えて頂きました♪
斜め前から朝日を浴びて、大変美しいそうです^^

今回は、ちょっと時間がずれてたので残念ながら見れませんでしたが、今度また見にきたいです♪

ちなみに僕は、正面から見るより、エキゾチックな感じの横顔が一番好きです(笑)

004.jpg

浄土堂を出ると、他の建物も見て回りました^^
これは「鐘楼堂」です。
結構デカイんで、存在感あります(笑)

009.jpg

これは重要文化財「薬師堂」です。
こちらは火事で焼け落ちた後、1517年に再建されたものらしいです。
それでも、戦国時代・・・今大河ドラマでやってる「江」の主人公はおろか、まだ織田信長も産まれてもいない時代から建ってるんですね。
歴史を感じるなぁ・・・^^;

007.jpg

境内に「八幡神社」もあります。
昔はもっと広かったらしいですが、今残ってるのはこれだけらしいです。
これも重要文化財になってますね。
他にもたくさんの文化財があって、満喫してきました^^

兵庫県にも、素晴らしいお寺があるんだなぁ・・・って、改めて思いました♪
皆さんもこちらに来る事があれば、ぜひ寄ってみて下さい^^
nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 5

EGGマン

私も寺(歴史建造物等)巡り大好きなので★ASA☆さんの気持ちがよ~くわかります。
20代の頃は、戦国時代(武将達)に興味があって全国を旅してました。(笑)
by EGGマン (2011-02-01 23:55) 

ウーロン大王

我が家周辺も寺社多いので散策に出ようかと思うのですが・・・なかなか毎日の寒さに負けて・・・出不精に・・・デブ性でもありますが(笑)
by ウーロン大王 (2011-02-02 09:44) 

★ASA☆

EGGマンさん
全国を旅されたんですか!
いいなぁ・・・凄く羨ましいです。
僕も若い時に行っとけば良かったと、ちょっと後悔してます(涙)

ウーロン大王さん
今は寒いですもんね^^;
でも、来週位から暖かくなるみたいですよ~
ぜひ出かけて見て下さいね^^
by ★ASA☆ (2011-02-02 21:22) 

Cinnamon

カメレス失礼します(;´・ω・`)ゞ

か、かっちょいいです♪
阿弥陀三尊ってことは脇侍は「観音菩薩」と「勢至菩薩」っすね!
快慶作ってところが実にシブイ!
意外にこゆネタ大好きです(笑)
by Cinnamon (2011-02-13 19:11) 

★ASA☆

おぉ♪ お詳しいですね!
おっしゃる通り「観音菩薩」と「勢至菩薩」です^^
この仏像さんは、すごく良かったですよ~♪
菩薩さんでも4m近くあったんで、圧倒されました。
こちらに来られる事があれば、ぜひ寄ってみて下さいね^^
by ★ASA☆ (2011-02-13 21:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。