So-net無料ブログ作成

第64回 正倉院展 [仏像]

さて、やっと本番の正倉院展です♪

IMGP4207.JPG

今回の目玉は、表紙にもある「瑠璃杯」です^^
展示の方は、LEDのスポット照明を、真上のかなり高い位置から当てていました。
少し暗めの照明にすることで、瑠璃色が濃く見えてめっちゃ綺麗でした♪

瑠璃つながりなのか「雑色瑠璃」などもかなり展示されてました。
ちなみにこの瑠璃は、ラピスラズリじゃなくて、ガラス工芸品って意味らしいです。
って事で、「瑠璃杯」→コバルトガラスの青色の杯
「雑色瑠璃」→色んな色したビー玉みたいなガラスの玉
って感じですね。

他には、今やってる大河ドラマの「平清盛」で頻繁に登場する双六関係の物も結構多かったですね。
双六盤、双六盤を入れる箱、さいころ、振り筒、駒、駒入れの箱等々
今の双六とは、ちょっとルールも違うみたいで面白そう♪
みんな結構夢中でやってたんでしょうね(笑)

あとすごく気になったのは「紫檀金銀絵書几」です。
要は、巻物を見る時に見やすい様に載せる台なんですが、よく考えられてます。
今でいうなら、FAXの感熱紙を送る構造に似てると思います。
台の左右に輪っかみたいなものがあって、そこに巻物を載せて左から右に紙を巻き取りながら読む感じです。
当時は、冊子より巻子が多いと思いますので、当たり前と言えば当たり前なんでしょうが、
1300年前には既にこの構造が考えられてたってすごいなぁって思います。

他にも、「螺鈿紫檀琵琶」や「金銀珠玉荘刀子」など、数年前に目玉になった宝物も展示されてました♪
今回も、ほんと見ごたえありました^^
まだ行ってない方は、今日が最終日なんでぜひ行ってみて下さいね♪
タグ:正倉院展

今年も・・・その2 [仏像]


唐招提寺の次に向かったのは・・・

IMGP4184.JPG

薬師寺です^^
綺麗なお寺ですね~♪

IMGP4187.JPG

中門の横にある二天王像です♪

IMGP4188.JPG

しかし、派手やなぁ^^;

IMGP4191.JPG

門をくぐると、三重塔が出迎えてくれます。
こちらは西塔。
東塔の方は、現在再建中でテントで覆われてました^^;

IMGP4189.JPG

こちらは金堂です^^
そして、この中で拝観できます薬師三尊像は、ほんま最高です!
特に日光菩薩は、めっちゃセクシー♪
僕の大好きな仏像さんの一つです^^

IMGP4194.JPG

ここは、ほんまに綺麗で、めっちゃ広いお寺ですね。
軽く見て回るだけで、1時間位あっという間です^^;
時間もないので、急いで次のお寺へ。

次に向かったのは・・・

IMGP4196.JPG

元興寺です^^

薬師寺の絢爛豪華な感じも良いのですが、
やっぱり鄙びた感じのこういうお寺が落ち着きますね♪

IMGP4198.JPG

この辺りの色合いの違う瓦は、飛鳥時代に作られた物をそのまま使っているそうです。
ほんま、歴史のある古いお寺やなぁって思います!

小さいお寺でしたが、ほんとほっこりできる良いお寺でした♪

さて、そろそろ正倉院展に向かわないと、間に合わない・・・
ちょっと後ろ髪を引かれながら、元興寺を後にしました。

今年も・・・ [仏像]

今年も行ってきました!

IMGP4207.JPG

第64回 正倉院展♪

ですが、本題に入る前に・・・

毎年恒例の、ついでのお寺巡りもやってきました^^

今回、まず最初に行ったのは・・・

IMGP4155.JPG

唐招提寺

IMGP4182.JPG

こちらのお寺は、ほんまに落ち着きますね~♪

IMGP4183.JPG

ちょっと紅葉も始まってました^^

IMGP4175.JPG

各お堂や仏像も、もちろん素晴らしいお寺なのですが、その間の道の雰囲気が、ほんまに良いですね♪

特に、鑑真和上のお墓に行く途中のこの道は、めっちゃくちゃ良いです!

IMGP4174.JPG

この、かなり良い感じの門をくぐると・・・

IMGP4160.JPG

一面の苔庭~♪

IMGP4163.JPG

右を向いても

IMGP4165.JPG

左を向いても

IMGP4168.JPG

苔だらけ(笑)
苔庭好きには、ほんまたまりません♪

IMGP4169.JPG

このお庭を抜けると鑑真和上のお墓があるのですが、そこもいい感じに苔生してます^^
さすがに、お墓なので写真は撮ってませんが・・・^^;

IMGP4177.JPG

お寺や仏像には興味ないけど、苔庭とか結構好きねんって人には、めっちゃお勧めできます♪



寺巡り~その4~ [仏像]

帯解寺から更に南へしばらく行った所にあるのが、
「長岳寺」
今回の寺巡りの最終地です^^

長岳寺さんのHP↓
http://www.chogakuji.or.jp/

024.JPG

これが最初に通る大門。
いいですね~♪
僕好みの寺の予感がプンプンします(笑)

032.JPG

次に通るのが、この楼門。
凄くいいです・・・
この重厚感のある楼門もさることながら、
苔生した階段や石畳にもそそられます♪

この左側に重文指定の庫裏(旧地蔵院)があるのですが、その中にある庭園が素晴らしいです。
しばらくボーっと眺めちゃいました(笑)
しかも、この庫裏の中で食事が出来るみたいです。
しまった・・・知ってたら、途中で昼飯なんて食べへんかったのに・・・(涙)
次来た時には、絶対にここで食べたいです^^

029.JPG

こちらが本堂です。
このお寺、ホンマに良いです♪
僕のイメージの中にある理想の寺そのものです^^

この本堂の中に入ると、まず両脇に多聞天、増長天が安置されてます。
ちょっと愛嬌のある、いかつい顔のおっちゃん。って感じのお顔してます(コラッ)。

その奥の壁沿いに、阿弥陀三尊像。
なんとなく愛らしい愛嬌のあるお顔って言えばいいんでしょうか?
すごく親しみが持てる、ちょっとふくよかな感じの阿弥陀さんです^^
やっぱり玉眼は、凄く印象に残りますね^^

そして右側の壁に掛けられていたのが、「大地獄絵図」
いや~、凄いですね!
その迫力と精緻な描写、ただただ見入っちゃいました。

この絵図の中で一つ気になったのが、裁判してる閻魔さん達の右横。
竹の様な植物の前に座ってる女性。
全体の中で、この女性だけがどういう意味があるのか分かりませんでした(^^;
誰かご存じないでしょうか?

一通り見終わり、本堂を出た後に嫁さんが一言。
「この本堂で一晩泊まって帰りたいなぁ。」
うちの嫁さんが、気に行ったお寺にいう一番の褒め言葉です(笑)
どうやら彼女も、ここがかなり気に行ったみたいですね^^

025.JPG

本堂を出ると目の前に大きな池があります^^
中には、錦鯉が泳いでました♪

027.JPG

これは秋水かな?
最初は少ししか泳いでない様に見えたんですが、
ドンドン集まってきて結構いっぱいいました^^

やっぱり、こういうお寺に池って最高ですね♪
春先には、この池にカキツバタが咲き乱れるみたいです。
春先にもう一度来たいですね^^

この後、奥の方にある拝堂、大師堂、大石棺仏を見た所で、タイムアップ。
もう、奈良博物館に行かなくては・・・
でも、もうちょっとここに居たいなぁ・・・
後ろ髪引かれる思いで、駐車場に向かいました。

037.JPG

すると、僕らの帰りを阻止するかのごとく猫がいっぱい(苦笑)

036.JPG

猫好きの僕らが、この猫達を無視する事なんて出来ません(爆)
この子たちも、人によく懐いてるみたいで、ドンドン近寄ってきます^^

039.JPG

この子が、この中で一番の美猫でした^^
いや~、癒されます♪

034.JPG

この子は僕が写真を撮る為に近づくと、何故か落ち葉を一生懸命掘りだしました。
なんやろ・・・隠れようとしてんのかな?って思ってたら、
掘った後にちょこんと座って・・・

シャーッ

あ、トイレね・・・(苦笑)
「何見とんねん(怒)」って感じで睨まれながら撮った写真が、上の写真です(笑)

一しきり猫達と戯れたあと、長岳寺を後にしました。

朝9時半からお昼の3時半まで、6時間で6つのお寺を巡る強行軍でしたが、
すっごく楽しかったです^^
どのお寺もそれぞれ特色があって、良かったですね~♪
特に、最後の長岳寺はほんまに良かったです。
ぜひ、また来たいです^^

さて、次はやっと今日のメインイベント「正倉院展」です。

「正倉院展」に続く。
タグ:長岳寺
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

寺巡り~その3~ [仏像]

次に向かったのは、「帯解寺」です^^
安産祈願で有名なお寺ですね♪

帯解寺さんのHP↓
http://www.obitokedera.or.jp/

021.JPG

この山門を通って、正面が本堂、右手が本坊です。
左手に秘仏を特別開帳している「清和閣」があります。

この清和閣は普通の公民館みたいな建物なんで、最初は気付かず通りすぎちゃいました(苦笑)
しかも、表に受付が見当たらない・・・
「受付してへんけど、入ってええんかなぁ・・・」って思いながら、恐る恐る中に入ると・・・
丁度外に出ようとしたスタッフのお姉さんが、目の前に!(あ~ビックリしたw)
そのお姉さんに聞くと、すぐ左の部屋の中でやってるとの事。

その部屋に入ると、曼荼羅の掛け軸や、書、皿なんかを展示してました♪
早速、受付を済ませて拝観開始^^

でも、曼荼羅や仏画なんかはあるけど、仏像が無いなぁ・・・って思ってると
タイミングよく受付のお姉さんが
「そこの階段を上って頂いたら、2階にも展示してますよ^^」

ば、ばれてる・・・(^^;
隠し事が出来ない僕です(爆)

早速、2階に上って部屋に入ると・・・
いきなり狩野派(誰かは忘れちゃいました^^;)の屏風が、ドーンと置いてました(^^;
やっぱホンマもんを間近で見ると、凄いですね。
圧倒されちゃいます。

その横を抜けて行くと、部屋の真ん中に不動明王、愛染明王。
奥の壁の前、誕生釈迦仏、虚空蔵菩薩座像、薬師如来像、文殊菩薩像・・・
いや~、どれも素晴らしい仏像さん達です^^

その中で一番印象深かったのは、「三面六臂大黒天立像」
もの凄く勇ましい、まさに戦う神様って感じです^^
普段よく見る、笑顔で打ち出の小槌を持ってる大黒さんとは、全然違いますね(^^;
こちらの戦う大黒さんが、本来の大黒さんなんでしょうね。

こちらの部屋では、フレンドリーなスタッフの男性が丁寧に仏像とかの説明して下さいました^^
こっちも思わずフレンドリーに質問なんかしちゃいました(笑)
説明が終わった後に・・・
「ここから渡り廊下を通って、本堂の方も拝観して頂けますよ。」

おぉ♪それはぜひ拝観したいです^^
早速、いそいそと渡り廊下の方に出ました。

023.JPG

渡り廊下に出ると、こんな枯山水の石庭が!
いいですね~♪
枯山水も大好きです^^

そっか!これを見て貰う為に、渡り廊下を通らすんだ!
表から普通に入ったら、これを見れないですもんね^^
だから、あの公民館みたいな建物で展示したのか・・・
なんだか、凄く納得(笑)

このお庭の横を通って行くと、すぐに本堂に着きました。
本堂の中に入るとお坊さんがいらっしゃって、
「手のひらを出して下さい」って言われたんで、
??って思いながら手を出すと・・・

手のひらに抹香をまぶして下さいました。
「お清めみたいなものです。手のひらにすりこんで下さい。」

なるほど!そういう事ですね^^
早速手のひらをスリスリ♪
沈香のいい香りが香ってきます。
嫁さんと「ええ香りやなぁ♪」って言いながら、手のひらを鼻に近付けて匂ってると・・・

「どうぞこちらへ」
お坊さんが、脇仏の十一面観音立像の前に立って、丁寧に説明して下さいました^^
その後も、もう一体の脇仏の千手観音立像、そして本尊の地蔵菩薩さんの前に呼んで下さって、
その都度、分かり易く説明して下さいます^^

ただ拝観しに来ただけなのに、ここまでおもてなしをして頂けると、すごく嬉しくなっちゃいますね♪
嫁さんと二人、ちょっと気分良くなりながら帯解寺を後にしました^^

次は、今回の寺巡りの最終地、「長岳寺」です^^

その4へ続く。
タグ:帯解寺
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

寺巡り~その2~ [仏像]

次に向かったのが、西大寺から車で数分(帰りは踏切に引っかからずにすんなりいけましたw)の所にある
「海龍王寺」です。

「海龍王寺」さんのHP↓
http://www.kairyuouji.jp/index.html

012.JPG

こんな土壁のいい感じのお寺です♪
ピースサインしてるのは、うちの嫁さんです(^^;

013.JPG

こんな感じの庭を抜けて行くと・・・

014.JPG

本堂に出ます。

いや~いい感じですね♪
このひなびた感じ、大好きです^^
西大寺みたいに綺麗に整備された大寺もいいですが、
これぞ隅寺!って雰囲気がたまりません(笑)

特別公開の「十一面観音立像」ですが、ほんっとにイイです!
西大寺の巨大な十一面観音立像の圧倒的な存在感もいいんですが、
こちらの小さな観音さん(1m弱位)も本当に素晴らしいです。

ちょっと薄暗い堂内。
御開扉された厨子の中にいる小さい観音さん。
そこにそっと日の光が当たって、かすかに輝いてます。
決して金ピカでなく、控えめな輝き方。
逆にそれが神々しさを感じさせるんでしょうか?
なんだかゾクゾクッとしちゃいました。
無神論者の僕も、思わず手を合わしちゃいましたもん(笑)

他にも、文殊菩薩さんや毘沙門天さん等々ありましたが、日光が当たりにくい風に置かれていたので(これは保存を考えたら仕方ないんでしょうが…)、細かい所までは分かりませんでした^^;
でも、それを補って余りある観音さんの存在感です。
特別公開されてる時は、一見の価値はあると思います^^

海龍王寺の拝観が思ったより早く終わったので、予定には入れてなかったのですが、
すぐ近くにある「法華寺」も行ってきました^^
海龍王寺の筋一本裏側、歩いて大体5分位で着きます。

法華寺さんのHP↓
http://www.hokkeji-nara.jp/

門前で写真を撮ろうと思ったんですが、拝観に来られた方が沢山いらっしゃったので、断念(^^;

016.JPG

って事で、いきなり本堂です^^
この中では、国宝「十一面観音立像」が安置されてます。

本日3体目の十一面観音さんですが、また趣が違って凄くいいです♪
色彩を施してない木像の観音さんなのですが、これが日光を浴びると不思議と輝いて見えます。
写真では何度も見た事あるんですが、実物の方が断然いい!って思っちゃいました^^

他では、やっぱり「維摩居士」ですね♪
今にも動き出して、何か喋りそう・・・
思わず見入っちゃいました(^^;

019.JPG

本堂前の池では、錦鯉がいました♪
でも、なぜかこの一ヶ所に集まって口をパクパク(^^;
ここでいつも餌を貰うんでしょうか(笑)

018.JPG

本堂以外では、この「名勝 庭園」ですね^^
やっぱり日本庭園っていいですね~♪
しばらく腰かけて、ボーっとしちゃいました(笑)

他にも、光明皇后が難病者を救済したと言われる「浴室」
江戸時代の庄屋さんの御屋敷を移築した「光月亭」
色んな花木草木を楽しめる「花樂園」
仏像以外でも、色々楽しめます^^

ここで予定の時間になったので、次のお寺に移動します^^
次は少し南に行って、「帯解寺」です。

その3へ続く。
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

寺巡り~その1~ [仏像]

今年も行ってきました「正倉院展」

002.JPG

でもその前に、秘仏を秋季特別公開しているお寺を巡って来ました^^
まず、そちらの紹介です♪

011.JPG

まず最初に行ったのは、西大寺です^^

西大寺さんのHP↓
http://www.naranet.co.jp/cgi-bin/narant.asp?code=A004&kubun=J01

近鉄西大寺駅のすぐ近くなんですが・・・
時間帯によっては、ここの踏切がなかなか開かないんで、車の方はかなりイライラするかも^^;
実際、僕も7~8分位踏切で待たされました(苦笑)
しかも、踏切越えた後の道が細いのに、向こうから観光バスが次から次へと・・・
歩いたら2,3分の距離を、結局20分位掛かっちゃいました(T_T)
混みそうな時間やったら、ちょっと離れたパーキングを利用して、歩いて行く方がいいかもしれないですね^^;

なんとか西大寺の前の駐車場に止めて、そこから近かった東門から入りました。
受付を済ませて、いい感じの参道を抜けて行くと・・・

009.JPG

まず最初に見えてきたのは「四王堂」

この中では、「十一面観音立像」「四天王像」が拝観できました^^
ここではお坊さんが、詳しく仏像の見どころなんかを説明して下さったので、すごく分かり易かったです♪

その次は、「聚宝館」
ここは、写真を撮るのを忘れてました(^^;

この中では、たくさんの国宝や重要文化財が拝観できます^^
「吉祥天女立像」「行基菩薩坐像」等々・・・
でも、この中で僕が好きだったのは、特に文化財にも指定されていなかった
「毘沙門天立像」だったのは内緒です(笑)

001.JPG

次が「本堂」です^^
この中では、本尊「釈迦如来坐像」が拝観できます。
でもやっぱりここは、「文殊菩薩騎獅像」ですね(結構ミーハーw)
めっちゃカッコいいです♪
西大寺に来たからには、ぜひ拝観しておきたい仏像さんですね^^

005.JPG

最後は、ここのメインイベント「秘仏 愛染明王坐像」が安置される「愛染堂」です♪

今まで、明王系の顔ってあんまり好きじゃなかったんですが(コラッ)、
この愛染明王さんは、すっごくいいです!
なんとなく品があるって言ったらいいんでしょうか?
思わず見惚れちゃいました(笑)

003.JPG

004.JPG

愛染堂を出てふと見上げると、屋根の鬼瓦が左右で違ってます。
そう言えば、以前どこかのお寺でも違ってた様な・・・
何か意味でもあるんでしょうか?
方向で変えてるのか・・・
遊び心で凝った造りにしてるのか・・・
なんだか気になっちゃいました^^;

やっぱり西大寺は大寺だけあって、全部拝観して回ると結構時間がかかりますね。
予定より20分位オーバー(^^;
いそいそと、次の目的地「海龍王寺」に向かいます。

その2へ続く。

nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

浄土寺 [仏像]

今日は三木の方に買い物に行ったので、近くにある「浄土寺」に寄ってきました^^

002.jpg

奈良国立博物館の仏像館に行った時に、ここから寄託されている「木造阿弥陀如来立像」を見て、
いつか寺の方も行きたいなぁ・・・って思ってたんです^^

003.jpg

手前に見えてるのが国宝の「浄土堂」ですね。
この中に、これまた国宝の快慶作「木造阿弥陀如来及び両脇侍立像」が安置されてます^^

013.jpg

浄土堂は大仏様という様式で造られているらしいのですが、この様式で現存するのは東大寺の南大門とここだけらしいです。
昭和32年に解体修理されたみたいなのですが、それまで770年間は一度も解体修理をやってないらしいですね。
それだけ持つって、スゴイですね(^^;

堂内の床板は、ほとんど改修後に貼り替えられた物ですが、一部創建当時の床板が残ってました。
貼り替えられた板の方は少し縮んじゃってるので、隙間風が吹き込んできてかなり冷たいです(実際、堂内の温度は気温0度でした^^;)。
でも、創建当時の板の上に乗ると、すごくホッとします^^
隙間が無いのもあるんですが、なんか暖かいんです。
昔の人の技術の凄さを、改めて感じました♪

014.jpg

お中に安置してある「木造阿弥陀如来及び両脇侍立像」というのは、こんな感じです。
堂内は撮影禁止なので、無料パンフレットに載ってある写真を撮りました。

この仏像は、夏場の夕方に拝観するのが一番綺麗(丁度真後ろから西日が入って、後光の様に見える)だと有名なんですが、冬場の朝方も綺麗ですよとお寺の方に教えて頂きました♪
斜め前から朝日を浴びて、大変美しいそうです^^

今回は、ちょっと時間がずれてたので残念ながら見れませんでしたが、今度また見にきたいです♪

ちなみに僕は、正面から見るより、エキゾチックな感じの横顔が一番好きです(笑)

004.jpg

浄土堂を出ると、他の建物も見て回りました^^
これは「鐘楼堂」です。
結構デカイんで、存在感あります(笑)

009.jpg

これは重要文化財「薬師堂」です。
こちらは火事で焼け落ちた後、1517年に再建されたものらしいです。
それでも、戦国時代・・・今大河ドラマでやってる「江」の主人公はおろか、まだ織田信長も産まれてもいない時代から建ってるんですね。
歴史を感じるなぁ・・・^^;

007.jpg

境内に「八幡神社」もあります。
昔はもっと広かったらしいですが、今残ってるのはこれだけらしいです。
これも重要文化財になってますね。
他にもたくさんの文化財があって、満喫してきました^^

兵庫県にも、素晴らしいお寺があるんだなぁ・・・って、改めて思いました♪
皆さんもこちらに来る事があれば、ぜひ寄ってみて下さい^^

夏の奈良~その2~ [仏像]

奈良博を出て向かったのは、東大寺法華堂(三月堂)です。
7月まで拝観中止でしたが、8月から礼堂からガラス越しではありますが再開したみたいなので、
僕の好きな日光・月光菩薩を見に行きました^^

見に行く途中で、浮見堂を見に寄り道。

029.JPG

浮見堂から見る景色は絶景ですね~♪

001.JPG

現在、法華堂の須弥壇と仏像も傷みがひどくなってきてる様なので、みんな修理中です。
本尊の不空羂索観音と四天王や吉祥天は、奈良博工房で修理中との事で見る事ができませんでした(涙)
でも、日光・月光菩薩や梵天・帝釈天、弁財天は堂内で修理してくれてますので、なんとか拝観する事ができました♪
ガラス越しではありましたが、礼堂の前の方で並べてくれてますので、顔までハッキリと見る事ができましたよ^^

ちなみに修理終了後の23年10月からは、日光・月光菩薩、弁財天は「東大寺ミュージアム」の方に移設されるらしいので、お堂で見れるのはそれまでになります。(吉祥天は奈良博工房で修理後、東大寺ミュージアムに移設なので既に見れません;;)
僕も、それまでには絶対もう1回は来たいと思ってます。

さて、僕の希望の仏像は見たので、次は嫁さんの希望の「新薬師寺の十二神将」です。

法華堂から新薬師寺に向かう途中で、また浮見堂の横を通ってパチリ。
041.JPG

外から見る浮見堂も、これまた絶景です♪

002.JPG

035.JPG

やっぱり十二神将もいいなぁ(笑)
僕は珊底羅が好きなんですが、一般的には伐折羅の方が多いんでしょうか?
本なんかで新薬師寺の十二神将を紹介されていても、伐折羅だけ載っている事が多いですし、
堂内に極彩色で彩られた模造も設置してあったのですが、それも伐折羅だけでした。
他の十二神将もぜひやってほしいなぁ。

丁度、17日の読売新聞に新薬師寺の貫主をされていた中田聖観氏が7月30日に亡くなられた話が載ってました。
本堂を解体修理し、荒れ寺であった新薬師寺を「萩の寺」として復興させ、反対がある中でも本堂にステンドグラスをはめ込むという事をされた方らしいです。
色んな意見はあると思いますが、僕はステンドグラスはOKだと思います。
残念ながら、実際にはめ込んであるステンドグラスを通して光が入ってきてなかったので、
本堂内でどんな風に見えるのかが分かりませんでしたが、ステンドグラス自体は全く違和感はありませんでした。
その光が差し込んだ本堂は、どんなに幻想的だろう・・・とさえ妄想しちゃいました(笑)

中田聖観氏が修理された本堂とステンドグラスを拝見しながら、氏のご冥福を心よりお祈りさせて頂きました。

さて、新薬師寺を後にして最後に向かうのは、去年の「お堂でみる阿修羅展」を見逃しちゃった興福寺です(爆)

003.JPG

お堂の方では見れませんが、他の八部衆と一緒に国宝館の方で拝観させて頂きました。
以前、他の方のブログで、八部衆の中でも五部浄の怒りとも憂いともとれる眼差しに惹かれるとのお話があったので、
僕もぜひ拝見してみたい。と思って楽しみにしてました。

足の方まで残っている他の像とは違い、顔と胸の部分だけしか現存していないので、あまり足をとめる方も少ないのですが(皆さん阿修羅像が目当てですものね^^;)、僕は立ち止まっちゃってあの眼差しに引き込まれちゃいました。

怒ってるような、悲しげな様な、本当に複雑な表情ですね・・・
じっと見ていると、なぜか胸が詰まります。
これを造った方は、この像にどんな思いを込めたんでしょうね・・・
すごく考えさせられる仏像でした。

今回は、去年のあの時の人混みがうその様な空き具合で、(と言ってもそこそこいましたが・・・)ゆったりと堪能してきました。
館内は明るく綺麗に設置していて、細部までよく分かります。
ただ、僕的にはちょっと綺麗に全部見えすぎるなぁ・・・って感じちゃいますね(^^;

今回は、ここまでで帰りました。
朝7時に出発してから、午後4時まで歩き通しでちょっと疲れました。
でも、いつもは人混みにもまれる割には、ほとんど見て回る事もできない納得のいかない疲れ方(苦笑)に比べると、本当に仏像を満喫できた1日ですごく納得できる疲れ方です(笑)

「正倉院展」の頃は、こうはいかないだろうなぁ(爆)

P.S 近鉄奈良駅内にあった大仏プリンのお店が無くなってました。
奈良に行った時は、毎回買っていたのに・・・最後の最後にちょーショックです(涙)

夏の奈良~その1~ [仏像]

昨日の17日に休みが取れたので、前から行きたかった奈良国立博物館で開催中の
「仏像修理100年」「至宝の仏像」のW特別展を見に行ってきました♪

048.JPG

今開催から、旧本館が「なら仏像館」にリニューアルされて、照明設備を一新して仏像の美しさを堪能できる風にしたらしいので、すごく楽しみにしてました^^

近鉄奈良駅からいつも通り奈良博に歩いて行くと、まだ角切りの終わっていない鹿君がお出迎え(笑)

024.JPG

鹿はやっぱり角がある方がカッコいいですね♪
「正倉院展」の頃には、角が無くなってるのがちょっと残念です。

鹿の頭を撫でながら歩いて行くと、人通りもまばらで「正倉院展」の時とはかなり違います。
お盆明けっていうのもあったんでしょうが、奈良博に入館した後もかなりゆったりと見る事が出来ました^^

まず最初に入ったのが「仏像修理100年」
1897年に古社寺保存法と言うのが制定されてから、現在に至るまでの仏像修理がどの様に行われてきたのかを、実際の仏像、修理時のスケッチや構造図、修理前~修理後の模型などを使ってかなり詳しく展示してあって、あまり仏像に興味がない人でも「へぇ~、大きい仏像ってこんな風に作ってるんや。」とか「やっぱり修理する人のスケッチって上手いなぁ」とか、結構気軽に楽しめると思います^^
また、造られた当時のめっちゃカラフルな色を施した「阿修羅像」や「吉祥天」「毘沙門天」などの模造も展示してあったので、今現存してる仏像しか知らない人はビックリすると思いますよ。

最後の所では、飛鳥~奈良時代の仏像に使われていた、クスノキ、カヤ、ヒノキの違いを粗彫りした仏像を実際に触ってみたり、チップにしたもので香りを嗅ぎ分けてみたりして、面白かったです♪

次が待ちに待った「至宝の仏像」
いやぁ~、良かったです。本当に仏像を満喫できました^^
少しうす暗い館内に並んだ仏像1体1体に、月明かりが差す様にスポットライトが当たっています。
もう、さすが!としか言えないです。
今まで仏像は、お堂で見るのが一番!と思っていたのですが、考えを改めました(爆)

特に目玉にもなってる法華堂の金剛力士像。
今までお堂で見てもそれほど迫力を感じなかったのですが・・・
全然違いました。
圧倒される迫力。
特に吽形の姿は、脳裏に焼きついちゃいました(^^;
これを感じられただけでも行った甲斐があったって感じです♪

勿論、他にも貴重な国宝、重要文化財の仏像達も勢ぞろい。
しかも人も少なめで、あのライトアップでゆっくりと堪能してきました^^

これで奈良博を出たのですが、今回は更に近くのお寺さんを回って仏像を拝観してきました。
それはその2に続きます。
タグ:仏像、奈良

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。